マンションのメリット・デメリットについて

マンションのメリット・デメリットについて

このたび、新築マンションの購入を検討しています。
現在は社宅で生活しています。


家を持つタイミングはあと5年先くらいと考えていたのですが、
我が家にとってとてもいい条件揃いのマンションが建つので悩んでいます。
(土地柄マンションが建つことが珍しいそうで、この先同じような条件の
ものができるかわからない)


買う買わないどちらにしてもメリット・デメリットがどうしても生じてしまうので、
専門家の方の意見をお聞きしたいと思っています。


社宅に留まるメリットは、ローンなどがないので気楽であること、
デメリットは、学区の評判がよくないことや、スーパーや銀行、コンビニまで、
すべて車でないと移動できないことです。


マンションに引っ越すメリットは、会社が徒歩圏内なので車が一台でよくなる、
町の中心地になり便が良くなる、希望の学区になる。 
デメリットは、ローンの発生です。


このような感じで考えていますが、これらを踏まえてマンションの
購入はどうでしょうか?


其々のメリット・デメリットを購入検討に臨むスタンスは、とても素晴らしいです。

おそらく、ライフイベント(出産・育児、教育、住宅取得)に収支状況や、
貯蓄額の推移を加味したキャッシュフロー表を作成・比較検討すれば、
更に人生設計、資金計画、価値観に合った購入判断ができると思います。


その中で危惧している点に、住宅ローンに対するプレッシャーとがあると感じます。


住宅ローンに関しては、人によって考え方の違いはあると思いますが、
『賃貸や社宅で住宅ローンが無い=いつまで支払っても自身の所有にならない出費』と
考えて、住宅購入の検討を始める方が多くいます。
住宅ローンでも家賃でも、支払えなければ住まいの確保はできませんが、
住宅ローンは完済すればなくなるとの考えです。
※地域によって金額は違いますが、賃貸や社宅時はない固定資産税などは発生します。


退職や老後をむかえる時期に、賃貸での生活は家賃支払いが大変であったり、
保証人がいないと部屋を借りる事もできない状況、また購入にしても、
年齢、収入、自己資金、借り入れ状況、病気などの状況によっては、
住宅ローンが組めないことが考えられます。
ご主人や会社に万一のことがあれば、現在のような社宅や賃貸での生活を
リスクと捉える方は多いようです。


こういった将来的な状況をふまえて、どちらがリスクやストレスになるのか
検討されてみては如何でしょうか。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する