不動産業者の責任について

不動産業者の責任について

先日購入した土地に新築するため、建築会社が役所に確認したところ、
側溝を造らなければ建築確認等下りないようです。


建築業者からは「200万円くらいかかる」と言われ、泣きそうです。
不動産屋に請求したいのですが、難しいでしょうか?


売主の瑕疵担保責任となるかの判断には、詳細な状況確認が必要です

相談の道路幅員が、特定行政庁などで決められているものより
狭いからなのかは分かりかねますが、セットバックや道路の原状復元
といわれる道路後退で、側溝を敷地側に後退する工事はよくございます。


この道路後退工事に関しては、通常、瑕疵担保責任と扱われることは少くなく、
建築時に建築主が行うことという扱いが一般的です。


本来、土地売買の瑕疵として問題にあげられたり、判例等から判断をしやすいものには、
地中埋設物、土壌汚染、軟弱地盤による改良工事、高低差等がけ条例の説明に関するものや、
事件・事故等の心理気的なものがあります。
こういったもの意外で、建築に思いがけない費用が掛かっても、瑕疵としてみられない
可能性があるのです。
こういった、道路後退工事に関する一般的な扱いをだし、業者が自社の責任を否定する
可能性はあります。


そのことから、売主の瑕疵担保責任となるかの判断には、詳細な状況確認が必要となります。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する