手付金放棄しなければならないでしょうか

手付金放棄しなければならないでしょうか

契約書には「買主を手付金を放棄することにより契約を解除することができる。」、
「3ヶ月以内に買主が住宅を建築しないことが確定したとき、 または請負契約が
成立しなかったときは、契約は効力を失い、 売主は受領済みの手付金等を含む
全額を速やかに買主に返還する。」との内容が書かれています。


手付金を放棄せず解約するには、請負契約を締結しないようにすれば良いと
安易に考えていました。
しかし、わざと請負契約を締結しないことは良くないと聞きました。
この契約を解約するには解約金として手付金放棄しなければならないでしょうか。
よろしくお願い致します。


自己都合の解約は原則は手付金放棄です。

おそらく、契約内容や条件には「3ヶ月以内の請負契約成就」「手付金放棄(売主が倍返し)」
住宅ローンを利用していましたら「ローン特約」などもあるかと思います。


それぞれ解約に至る条件を定めており、「3ヶ月以内の請負契約成就」については
売主買主が互いに努力し、打合せや協議を重ねても、この土地(広さ・形状)や
地域(法令・慣習)、または市場の状況(建材の高騰による建築コストUP)などで、
どうしても請負契約まで至らなかったという前提が必要かと思います。
また、建設業者の無責任な仕事や、一般的に信頼の置けない業者と思われる相手なら、
不信感を理由に請負契約を結べない状況も認められるかもしれません。


それ以外を理由に解除する場合、買主または売主都合として「手付金放棄(売主が倍返し)」
という解除権が設定されている内容です。
今回の解約理由は、この相談上では買主側の気持ち的な部分であったり、
家族間の意見相違が原因であれば、原則は「手付金放棄」で行うものになります。


しかし、疑われる余地のない建物打ち合わせの末、致し方ない状況で請負契約が
締結できなかった場合、その真意が故意かどうか分からなければ「請負契約条件」の
不成立で土地の白紙解約が成立してしまいますが、本来「手付金放棄」の解約理由なので、
そういった行為には、わざとであることが判明した際のリスクがあります。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する