手付金放棄での解約ができる期間の、履行の着手とは何のことですか

手付金放棄での解約ができる期間の、履行の着手とは何のことですか

手付金放棄で解約ができるのは、一般的に相手方の履行の着手までとか、
期限が設定されていると聞きました。
今回の契約も履行の着手までとなっています。
しかし、何をもって履行の着手と言いますか?


履行の着手について

「履行の着手」とは、昭和40年11月24日最高裁判決では・・・


「債務の内容たる給付の実行に着手すること、すなわち客観的に外部から認識できるような形で
履行行為の一部をなし、又は、履行の提供をするために欠くことのできない前提行為をした場合を指す
(単なる履行の準備行為では足りない)」としていますが、何をもって「履行に着手した」と扱うかは、
裁判になったものでも様々な判例があり、はっきりしない部分があります。


購入にあたって売主に課した、特別な条件(買主希望の地積増減による新たな区割りでの
分合筆登記等)などがあれば、それらの進捗状況など考慮しての判断や、早めの対応が必要
かと思います。


 

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する