再建築できるどうかについて、前回質問した者です。

再建築できるどうかについて、前回質問した者です。


いま建っている家の前の道路が42条2項道路で、セットバックした道路部分を
敷地に含めなければ再建築は可能とのことでしたが、接道状況の精査には
質問の情報だけでは正確な精査ができないとのことでした。
どういった情報や、何を調べれば良いのでしょうか。


同じ道路の近隣には新しい家も建っておりますが、ちょっと心配になり
ご相談させていただきました。
もしかして、私一代で終わってしまう土地なのかなと不安になりまして・・・。
専門家のアドバイスをいただければ幸いです。


接道状況を精査する際、2つの範囲をしっかり見定める必要があります。

1つは財産境と言われる隣地などとの所有権(借地権などのケースも有)の境界です。
所有している土地はどこの部分かと言う正確な範囲の確認です。


2つ目はセットバック後のセットバックラインの位置。
どこまでが建築基準法上の道路なのか正確な範囲の確認です。


財産境と建築基準法上の道路区域の、両方とも正確な範囲を知らなければ、
所有する土地に対して、セットバック後の道路区域がしっかり接しているか、
または敷地内含んだ状態で接道を満たしている(上記の例のような状態)か、
判断ができないということです。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する