道路の調査について

道路の調査について


財産境と建築基準法上の道路区域の、両方とも正確な範囲を知らなければ、
接道を満たしている判断ができないとのことですが、建築基準法上の
道路区域とは、どういうことですか?
アスファルト部分ですか、側溝までですか?


財産境や建築基準法上の道路区域は、見た目で判断はできません

この2つの範囲・区域の判断は、見た目が自身の敷地として使っているかや、
アスファルトや側溝があって道路形状に整備してある部分を道路区域とみる
ような安易な基準ではありません。


財産境に関しては、隣地の方と境界立会いを行い決定した書面などがあれば、
それに基づき自身の所有する土地の境界を確認する必要がありますし、
道路に関しても、2項道路であれば狭隘協議を行い、セットバックラインを
出す手続きがあります。


大抵の場合は現況の道路形状(舗装や側溝などの整備済部分)の中心から2mづつで、
4m幅の道路を作りますが、いつも現況道路形状の中心とは限りませんので、
必ず協議を行ってからの判断になります。


そのことから、現在利用している敷地と実際の所有権の境界は違っていることも
良くありますし、道路状に舗装整備されていても、建築基準法上では道路として
扱われていない、見た目だけが道路形状といったものもあります。


※当然、見た目が道路でも建築基準法では道路扱いではない場合、
この見た目が道路形状の部分に所有権境が接していても接道とはならず、
建築不可となります。



ちなみに、こちらに質問をされた背景には、建築の可否に関して
何かしら不安に感じる理由がお有りになるのでしょうか?

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する