決済遅れによる仮住まい費用について

決済遅れによる仮住まい費用について

土地を購入し、新築住宅を建てようと考えています。
売主も買主も不動産屋を通して土地売買を行います。


土地の売買契約を結び決済待ちだったのですが、新しく抵当権を設定するにあたって、
仮登記をしている方がいるのでその方を抹消してからとなりました。
ところが、仮登記をしている方が亡くなっており相続人が何人もいて、
全員から仮登記抹消の同意を得られませんでした。
この時点で土地決済は3ヶ月延びました。


結局、仮登記を抹消するために裁判所に申し立てをすることになりました。
数ヶ月かかるとのこと。


私達は3月には必ず引越をしなくてはいけないのですが、新築の家が完成するまで
仮住まいをさせられることになりました。
土地決済の延期に関して、合意金を売主からもらいますが、土地の売買契約の説明をした
宅地建物取引主任者、土地選びをした買主側の不動産屋に責任はないのでしょうか?
私達は仮住まいの費用等双方の不動産屋に払ってもらうべきだと思うのですが、
できるのでしょうか?


最終的に本来新築が建つ予定の日付から半年以上延期になります。


宜しくお願い致します。


決済遅れによる仮住まい費用について

仲介業務を行った業者からは、仮住まいに係る費用などを頂くのは
難しいと思われます。
おそらく、重要事項説明などに、現在仮登記があることは記載されて
いると思いますが、この状況を説明していれば、宅建士や仲介の
説明義務の遂行は損害賠償まではないと思われます。


この状態で契約を行った後、所有権や銀行の抵当権を登記できる状態で
引渡す義務は、契約相手である売主には当然ありますが、仲介業者にまで
その義務は及ばないという見解です。


但し、説明の中に何かしらの仮登記があり、その背景には多数の相続人の存在や
契約内容の引渡日では到底、日程的に難しい事情(今回のような同意拒否)などを
知っていて、あえて説明等せずに契約を促していたのであれば、説明義務違反や
生じた損害の賠償を求めることはできるかと思います。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する