土地の売却で、境界確定を条件とする売買契約

土地の売却で、境界確定を条件とする売買契約

開発業者へ土地の売却を考えていますが、契約条件として、
境界確定測量が絶対条件となっています。


隣接地の所有者の1人とトラブルを抱えているので全ての
境界確定は難しいことを話していますが、引き渡しまでに
やってくれれば良いとのことです。


この場合、契約しても問題はないのでしょうか。


境界確定を条件とする売買契約について

買主は開発業者とのことですが、建売など開発を生業とする業者は、
仕入れの契約時には確定測量を求めてくることが殆どです。
ここで注意が必要なことは、契約だけは先に締結し、引渡しまでに売主が
境界確定を行う条件を付けることです。


その条件が成就できないときに、その契約が白紙解約であれば良いのですが、
そういった解約条件の設定が無い場合、違約となり金銭的な追求を
受ける立場になってしまいます。


業者側からすれば、成就できれば良し、不成就なら契約の白紙であったり、
違約金の請求や、その分値引きしての取引を迫るなど、業者側に損はなく
有利な選択と責任追及ができる状況です。


現在は契約まで至っていないようですが、境界確定が未了なうちから、
境界確定は後々の条件にして、契約だけを先に締結する提案があれば、
そういったポイントは十分に注意が必要です。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する