害虫による瑕疵担保責任

害虫による瑕疵担保責任

購入したばかりの中古一戸建て住宅に害虫が大発生することに、
住んでから気づかされました。
リフォームをしてから住んでいるのですが、住宅検査では白蟻の被害は
無と書かれていたにも関わらず白蟻被害が発見。
この現状はウチでは手に負えないのでと、害虫駆除を断られる様な現状です。


今もどこからともなく虫が入り込み、虫を見ない日がない現状です。
これは不動産会社に責任をとってもらう事はできるのでしょうか。


害虫による瑕疵担保責任について

いくつか確認が必要なポイントがございます。
まず、この物件の売主は宅建業者でしょうか、
それとも個人の方でしょうか。
これにより、瑕疵担保責任の内容に違いが出てきます。


また、害虫とはシロアリのことでよろしいでしょうか。


こういったトラブルの場合で、何かしらの名目で費用負担を請求する先には、
売主への瑕疵担保責任による損害賠償請求、または契約解除があります。
仲介業者などの明らかな見落としや怠慢が原因であれば、その業者にも請求できる
ものもあるかもしれませんが、住んでみないと発覚しない状況の瑕疵ですと、
売主から告げられている等ない限り、発見することの義務や賠償責任を負わせる
ことまでは難しいと思います。


そこで、今回の売主が宅建業者なのか個人なのかは、資力も含め重要なポイントになります。
個人間の売買ですと、売主は担保責任を一切負わないとする特約も原則として有効なので、
「現況有姿・後々発見された瑕疵(物件の不具合)担保責任を売主は一切負わない」とした
契約となっていることがあります。


売主が宅建業者であれば、説明のなかった隠れたる瑕疵に一定期間の責任が生じます。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する