瑕疵担保責任の確認

瑕疵担保責任の確認

先日、中古戸建を購入しましたが、瑕疵ではないのか?
という問題が見つかりました。


瑕疵担保責任は設定した内容という説明を受けた記憶があり、
これから契約書などを確認しようと思っていますが、
責任を負ってもらえるかどうか、どんなことを注意したり
確認すると良いですか。


瑕疵担保責任が設定されている場合、その範囲と期間も合わせて確認して下さい。

中古住宅の場合、売主が個人であることが多く、その場合、瑕疵担保責任の期間が
引渡し後2~3ヶ月までと短く設定できます。または、先程説明しました免責です。


売主が宅建業者の場合、民法による発見から1年よりも優先することができる、
宅建業法の引渡し後2年までで設定していることが一般的です。


瑕疵の範囲についても、売主が個人の場合、一般的な範囲(契約条件)として契約書等に
記載されている部分は『雨漏り、シロアリの害、建物の構造上主要な部位の木部の腐蝕、
給排水設備の故障』といった箇所です。


当然、責任をもつ範囲を変える事もできますが、瑕疵担保責任を設定する場合、
ほとんどがこの範囲のままとなっています。


売主が宅建業者の場合、これらにかかわらず隠れたる瑕疵について責任が生じます。


今回の契約相手と、設定されている瑕疵担保責任の内容はどうでしょうか。


・売主は個人か宅建業者か。
・個人の場合、瑕疵担保責任の設定はあるのか、それとも免責となっているか。
・瑕疵担保責任がある場合、その範囲と期間は?
・瑕疵担保責任を請求できる期間は超えていないか。
・瑕疵担保責任の対象箇所の問題か。


この内容次第で出来ることは変わってきますので、契約書を良く確認してみて下さい。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する