購入後すぐに売り出されている、未入居の新築戸建て

購入後すぐに売り出されている、未入居の新築戸建て

50代で住み替えを考えていたところ、築10か月の未入居物件を見つけ、
物件の見学を業者に依頼して内見してきました。
広告には載っていませんでしたが、建売をある人物が買ったが、
事情があって入居しないまま売りに出したとの事です。
個人間での売り買いになるので、ある程度の事情を知らないと
不安が先に立って前に進めない状態です。
見た目や間取り、設備面はほぼパーフェクトなんですが…。 
また、不動産業者は1社のみで売り出しているのも解せません。
レインズに載せていない様な気もいらしいです。
宜しくお願い致します。


個人の方が、購入後すぐに売却する理由

不安視しているポイントは、売主である個人の方の
本当の売却理由ということなのかと思います。


売主が宅建業者であれば、単なる事業用としての販売と思われますが、
個人間で、しかも購入後すぐに売却という流れは、購入する側からは
その売却理由が購入判断の重要な要因となることもあると思います。


個人の方が、購入後すぐに売却する理由として、よくあるものには、
・投資用(今回でしたらインカムではなくキャピタル狙い)
・近隣に変な住人がいる
・地域性が合わない(既存住人から仲間外れにされる、意識や生活水準が合わないなど)
・以前に事故や事件のあった現場
・宅建業者が瑕疵担保責任を免責にする為の脱法行為
・家族の状況に急な変化があった(家族構成や、親の面倒をみる為の帰郷)
・本当に転勤(現住所の県が異なる登記があるとのことから可能性は高いです)
あたりが挙げられるのではないでしょうか。


また、1社のみに売り出しを依頼することは、不動産売買ではよくございます。
売却依頼ではほとんどが専任媒介や専属専任などでお願いしますが、
この場合、他の業者には売却依頼ができないので、必然的に1社が売却の窓口
になります。


そして専任の1社が、定められた期間内にレインズへ載せないこともあります。
本来やってはいけないことですが、抱える物件数が少ない業者ほど、
自社だけで反響を集めたり、買主側からも手数料を頂ける立場でいる目的で、
そのようなことをしている場合も割とある印象が強いです。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する