空き家の買取について

空き家の買取について

実家が空き家になっていて、処分しようか考えています。
築40年経過しており、外壁も塗装する必要性がでてきたので、
建物を維持するのがきつくなってきました。


実家は山形にあり結構な田舎です。
はじめ不動産会社に仲介で依頼しようとしたら、田舎のせいか
その場所だと1年以上かかるかもと言われ、
そんなに待つこともできないので買取をお願いすることに決めました。


そこでネット上にある一括見積もりを利用して数社から連絡がありました。


築40年以上たっているし現状のまま売ることを考えていたので、
ある程度金額が安くなるのは覚悟していましたが、数社とも査定金額に
ばらつきがあり何を基準に選んだら良いのかさっぱりわかりません。


査定金額が高いところもあれば、低いところもありました。
買取価格になぜばらつきがあるか理由が知りたいです。


買取業者の選定について

おっしゃる通り、買取業者の査定では、同じ物件の査定であるにも関わらず、
その金額にはバラつきがでます。


理由としては様々で、各社の査定基準によることや、その担当者や
業者が販売を得意としているエリア、物件の種類(マンションや戸建てなど)、
また、単に相場観がない為、慎重さゆえ低く査定しすぎてしまったり、
逆に、差益がでないのは?と思うほど高く買い取ってしまう業者もいます。


売却の販売活動を依頼する業者でしたら、媒介をもらう目的で、
売れるであろう価格を高めに話し、売却依頼を促してくることも
多々あります。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する