条件付土地契約のその他の注意点として

条件付土地契約のその他の注意点としては、他にどのようなポイントがありますか

実は、肝心の建物の設計は、当初1区画時のもの、しかも第一回目のもの
(全くに詰まっていないもの)までしか出ておらず、今回区画が広がった区画
については、まったくの白紙状態です。 


見積りとして、その1区画時の設計なら土地代金+建物、外溝、諸費用でいくらか
という数字が出てきていますが、これも2区画になったことで建物の仕様はガラッと
変わってきますので、当てにならない数字といっています。


大手ハウスメーカーが言うのだから間違いはないだろう、という安易な考えが半分、
思い浮かべていた建物が建たないということだと聞いていますし、やはり危険なのでは
ないか、と不安になっています。


前回の回答を頂きまして、冷静に判断できていないと思い直すとこもあり、
条件付土地について、他にどのような注意点があるか考えてみたいと思い、
ご教授いただければ幸いです。


条件付土地契約のその他の注意点として

土地買契約には宅地建物取引業法の規制がかかりますが、建築請負契約には
宅地建物取引業法の規制がかからないことも注意点としてあげられます。


宅地建物取引業法の規制のかかる契約では、売主が契約の履行に着手するまでは
買主は手付金を放棄することで契約解除ができますが、建築請負契約の場合、
建築請負契約に基づいて違約金などを請求されることもあります。


違約金(宅地建物取引業法では20%以内)や手付金の上限についても、建築請負契約には
適用されませんから、その金額等の内容を十分に確認するが必要です。


尚、建築請負契約が基で損害が生じた場合でも、宅地建物取引業法に基づく
営業保証金や弁済業務保証金の弁済は対象外とされます。


また、土地・建物の契約日のもそうですが、決済日については土地のみを
先行して決済する場合と、土地・建物同時決済があります。
土地を先に決済した場合、建物に関する契約内容でトラブルとなった際、
引渡済みとなってしまった土地の処理・取扱いについて、更に苦労するケースも
あるので、土地・建物は同時決済となっていることが良いかと思われます。


それらを考慮した上で購入する方向であれば、考えられるリスクや資金面についての
対策なり家族とのお話合い等をすることで、「思ってもみなかった」「こんなつもり
で家を購入したのではない」という状況を、少しでも回避することが可能かと思います。


 

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する