建築条件付きの土地は購入しない方がよいのか

建築条件付きの土地は購入しない方がよいのでしょうか

売主の、建物も売って儲けたいというところから出来た契約に感じますが、
建築条件付きの土地は購入しない方がよいですか?
新築や注文住宅で交渉するか、条件付以外の土地・新築を探し直したほうが
賢明でしょうか。


建築条件付きのメリット・デメリットは

建築条件付き土地売買自体は、建売よりも割高になることが多い、
注文住宅よりは自由度が低い、ハウスメーカーなどによって
建物の質が異なる等、デメリットやリスクは当然あります。


しかし、それらは建築条件付きに限らず、土地のみや戸建ての契約、
またはマンション、新築物件か中古の物件かなど、他の契約状況でも
同様にメリット・デメリットがあります。
逆に、どの物件でもメリットとなる側面が一緒にあります。


どんな物件でも、資金計画があまかったり、物件の問題点が不明確で
あったり、契約条件が不利なものばかり設定されていれば、同じ物件を
同じ建築条件付きでかっても、買った人によって購入後の状況は変わって
きて当然です。


大切なのは建築条件付き土地のメリットである、建売りと比べ
自由なプランで建築できることや、施工会社を探す手間が省けること、
注文住宅より低価格で希望プランの家を建てることができるなど、
注意点(デメリット部分)を押えた契約内容や、納得のいく打ち合わせに
よって、それらメリットを活かした購入ができるかできないです。


これらを検討して、購入後に大きな問題になると判断できれば、
気に入っている物件でもやめておく決断が必要になるでしょうし、
そのリスクを解消できる契約条件の設定、対策が立つのであれば、
安心して購入に踏み切れるということです。




資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する