アドキャストホームページはこちら

高円寺の夏

今年もやってきました。高円寺の一大イベント。

 

 

そうです。『高円寺阿波踊り』の時期になりました。

高円寺の人たちはこのために生きているといっても過言ではないです。

 

8/24(土)・25(日)の二日間にわたって開催されます。

2

 

もともとは、隣駅「阿佐ヶ谷駅」で昭和29年より行われている『七夕祭り』に対抗するために

当時の商店街の若い衆が集まり、昭和32年に始めた『高円寺 ばか踊り』が発祥のようです。

 

当時は誰も阿波踊りを知らないので、踊りはめちゃくちゃだったそうです。

 

その後、本場・徳島の方が高円寺の踊り手に阿波踊りを教え、昭和38年より『高円寺 阿波踊り』に

名称を変更したとのこと。

 

見物客は年々増加しており、現在では踊り手が約1万人・観客動員数は120万人を超え

本場の徳島の阿波踊りより多くなってしまいました。

 

 

 

たった二日間に約120万人の人が高円寺に訪れる訳ですから、それは想像を絶する混み具合です。

 

 

アドキャスト高円寺支店は、名前の通り高円寺にあります。

 

 

それも駅前ロータリーのすぐ裏手です。

 

 

 

阿波踊りの殺人的混雑を知っている私は、会社の入り口付近を心配しておりましたが

 

杉並警察の方が午前中に柵を設置してくれましたので、安心しました。

3

 

 

 

 

 

会社のすぐ裏手には氷川神社がありまして、営業室と氷川神社の境内が接しています。

 

踊りが始まる前なのにやたら愉快な声が聞こえてくるので、窓から氷川神社を覗いたところ

 

 

 

4

 

屋台いっぱい。人いっぱい。

 

 

 

いつもは人通りの少ない当社の前の道も

 

 

5

 

 

 

人の列が一向に途切れません。

 

 

いつもこのくらいの人通りがあってほしいものです。

 

 

 

肝心の阿波踊りですが、残念ながら見に行くことはできませんが

見に行ったところで、人の頭しか見れません。。。

 

 

皆さんの想像をはるかに超える激混雑状態なのです。

 

 

警察の数もハンパじゃないです。

1

 

 

駅前ロータリーは一切立入禁止になります。

 

車も高円寺周辺には一切入ってこれなくなります。。。

 

 

ただ、高円寺支店のD極くんは、祭りのピークの18時すぎに、高円寺支店の真ん前に車を乗りつけてきました。

 

 

イメージとしては、休日の竹下通りに車で突っ込む感じです。

 

売出しグッズを片付けていたそうで、なかなかお茶目な方です。

 

 

 

 

毎年阿波踊りの時期は雨が多く、私も2、3回しかまともに見たことはないのですが

全て雨に降られた記憶があります。

 

 

 

今年も従兄弟や友人たちがたくさん踊っていると思うので

なんとか天気だけはもってほしいと願っております。

 

6

アドキャスト*東京不動産最前線

代表取締役のブログ


主席コンサルタントのブログ


内勤のブログ


アーカイブ

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログ内検索

アクセスマップ


わかる!使える!住宅購入塾

50の失敗に学ぶ!住宅購入塾
―住宅購入は落とし穴だらけ!

プロフィール