アドキャストHOME>買換え相談
  1. 購入の流れ
  2. 中古物件・戸建て購入相談
  3. 土地購入相談
  4. 買換え相談
  5. 資金計画
  6. 物件同行

買換え相談

買換えは、時流に合ったタイミングが重要

  1. 子どもが大きくなって、持家が手狭になった
  2. 勤務先が変わって通勤しやすいところに引っ越したい
  3. 親と同居するので、2世帯住宅に住み替えたい

などなど、既にご自宅をお持ちになっている場合でも、新しい家を検討することは、人生において何度かあります。
その際に、今住んでいる家をどのタイミングで売却するかがとても重要になってきます。

どちらの方法で買換えをするかは、その時の不動産市況を考慮して行わないと、タイミングをひとつ間違えば、資金計画が大幅に狂ってしまい目も当てられない可能性があります。

マイホームの買換えは、時流に合ったタイミングで売却しないと大変なことになります。

売却のタイミング

自動車の買換えのように、その場で下取りをしてもらってそのお金を新しい車に充当できれば問題はないのですが、不動産の場合は、「新しい家を購入してから今住んでいる家を売却する方法(買い先行)」と「今住んでいる家を売却した資金を元に、新しい家を購入する方法(売り先行)」のどちらかを選択する必要があります。

≪買い先行≫
気に入った物件を先に購入して引越してから、ご自宅を売却するの方法ですが、この場合は、じっくりと時間をかけてすみたい家を探すメリットはありますが、今住んでいる不動産の売却資金をあてにして購入した場合などは、売り急いで安く売却するはめになる場合があります。

不動産市況が上昇基調で、時間を掛けても高く売れる場合にはいいですが、下がり基調の場合には、返済計画に支障をきたす場合があります。

≪売り先行≫
今住んでいる家を売却した資金を元に、新しい家を購入する方法ですが、この場合は、まだ新しい家が見つかっていないのに、自宅を引き払わないといけなかったりします。
もし、新しい家が見つかっていなかったり、完成する前だった利した場合、一旦、賃貸生活を余儀なくされ、引っ越しも2回しなければならず余計な労力を使うことになります。

不動産市況が下がり基調で、不動産価格が高いうちに自宅を売却して、下がりきったところで新しい家を購入できれば、かなり理想的ですが、上がり基調の時に、安く自宅を売却してしまい、新しい家の資金が足りずに希望条件に見合わない物件を泣く泣く購入するはめになる場合があります。

初回購入相談 : 無料

買替えに関する疑問、不安や心配がある方は

まずは無料相談(初回のみ)をお受けください。

↓↓ お問い合わせ・ご予約はこちらから ↓↓

お問合せはこちら
ページトップへ