アドキャストの市場とビジネスモデル「不動産ドミナント戦略」

不動産を売る。それが普通の不動産会社ですが、アドキャストはちょっと違います。つねにお客様と同じ目線に立って考え、お客様の幸せ、喜びをサポート。一生お付き合いのできるパートナーとなることを目指します。そのために展開しているのが「不動産ドミナント戦略」。ドミナントとは「支配」「優勢」という意味で、一定の地域に集中的に出店して優位性を保ち、サービスを追求していく戦略です。

不動産情報を他社より多く、スピーディに提供

インターネットの普及により、いままでは不動産会社だけがもっていた情報がお客様も入手可能になりました。いわば情報の逆流化ですが、アドキャストは「不動産ドミナント戦略」の店舗ネットワーク、地域との密接なつながりなどにより、お客様がもっている以上の情報を所有。豊富かつタイムリーな情報の中から、ご満足いただける物件をご提供いたします。
不動産購入は、一生の買い物です。たくさんの中からお客様の条件に合う、本当に納得いただける物件を選ぶべきでしょう。お客様に喜んでいただくことがプロの仕事と認識し、アドキャストはそのための労力を惜しみません。仲介手数料3%の金額以上の安心・喜び・利益を与えているかどうかを真剣に考え、地元の方に愛され続ける地域ナンバーワンの不動産会社へ。売って終わりというようなビジネスはせず、お客様の予想を上回るサービスをご提供いたします。

アドキャストが目指す、究極のお客様目線

不動産営業は「とにかく売りつける」というネガティブなイメージがあるかもしれません。アドキャストはそんなイメージを払拭し、不動産業界を健全化・変革するために誕生しました。
お客様目線に立ったサービスを追求しており、その一つが物件調査です。お申し込みからご契約までの間に現地を訪ね、周辺環境や利便性、近隣の開発計画などを調査。デメリットとなる情報もすべてお客様に伝え、売買を取りやめにすることも。
また、社員教育にも注力。不動産とお金は切り離せない関係ですので、全社員がファイナンシャルプランナーの資格をもっています。
さらに不動産をご購入いただいたあとも返済のためのライフプランニングや確定申告セミナー、ローン返済プランの見直しなどのアフターフォローも万全です。
アドキャストは従来の不動産仲介会社ではなく不動産コンサルティング会社という、あたらしいスタイルを目指します。