不動産業界に新しいビジネスモデルを提案し、健全化させ変革させる。

Profile

株式会社アドキャスト代表 藤森 哲也

1972年静岡県生まれ。高校卒業後、大手自動車販売会社に入社し、営業職として勤務。その後、東京の不動産業界に飛び込み、23歳の頃にファミリー向け不動産仲介会社へ転職。約9年間で1000件もの不動産販売に携わり、その間にAFP、CFP®を取得。「売ってしまえば終わり…」ということになりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、独立。不動産購入後も、顧客に一生涯関わることのできるファイナンシャルプランナーのサービスを兼ね備えた不動産コンサルティング会社「アドキャスト」を設立する。

1 業界の課題は、本当にお客様が満足しているか。

かねてから思っていたのが「不動産を売る」というセールス的な考え方の蔓延化。売るだけの営業、売るだけのテクニックには長けていると思うのですが、はたしてお客様は本当に満足しているのでしょうか。もっとお客様が安心して、幸せや喜びを感じながら不動産を購入すべきなのではないでしょうか。そして不動産会社は、お客様と信頼関係を築き、一生お付き合いのできるパートナーとなるべきでは。そう考えて創立したのが、アドキャストです。
これからの時代、認識すべきことは2つ。
1つは、インターネットの普及による情報の逆流化。不動産業界は情報を手渡すことで対価を得ていましたが、これからはお客様のほうが情報を得ていることも。
もう1つは、人口構成の変化。人口増加時はモノをつくり売却していけばよかったのですが、少子化によりお客様とのコミュニケーションが重視されます。今後不動産業はもっとお客様を大切にしていかないと生き延びていけないといえるでしょう。

2 お客様の幸せを考え、一生のパートナーとなるために。

不動産業界の課題を解決するためにアドキャストが注力するのは、社員教育。専門的知識を備え、お客様の幸せを真摯に考える社員が集まった組織が選ばれると考えます。その一環として、アドキャストのスタッフは全員ファイナンシャルプランナーの資格を取得しています。
従来の不動産仲介にありがちな「売って終わり」や数字の追求ではなく、お客様の立場になって、納得いく買い物をしていただきます。売るためのビジネスではなく、お客様を幸せにするためのビジネスです。仲介手数料3%の金額以上の安心・喜び・利益を与えているかどうかを真剣に考えます。物件によってはデメリットとなる情報も正直に伝え、ローン返済を見据えたライフプランニングを展開。さらにコンサルティングも行い、一生お付き合いしていただくパートナーとなることが企業理念です。

3 年功序列ナシ、成長意欲の高い人、募集中。

アドキャストは、年功序列ではありません。できる人を評価します。そのため年上の部下がいたり、同期入社なのに上司と部下の関係などはめずらしくありません。
ですからアドキャストが求める人材は、成長意欲の高い人、自分の可能性を信じ能力を引き出してもらいたい人。また、生きていくために働くのではなく、人生を楽しむためにやりがいのある仕事をしたい人。
新入社員のマインドを高めるのはマネジャーの仕事なのですが、悪いところを指摘するのではなく、良いところを伸ばしていくのが基本方針。今はできなくても目的を持ち、それを目指す思考や努力を怠らず行動するかどうかが大切です。
やれと言われたことに対してそれ以上のことをやるのが社会人として重要ですので、厳しい部分はあるかもしれませんが、確実に成長できる会社だと自負しています。
一緒に成長していきましょう。