Staff Interview 誇 社員

  • チーフコンサルタント 髙橋 隆宏(2013年入社)
  • コンサルタント 田村 仁美(2014年入社)

「お客様のために」このポリシーが入社動機。

大学は経済学部で、主に勉強していたのは金融に関すること。その流れで、就活では銀行や信用金庫、保険会社などの金融関連と不動産会社を訪問しました。金融と不動産を比較すると、金融はとても固いイメージで資格を取得して昇進していく。一方、不動産はドンドン物件を売っていくという印象。面白さでいえば、金融より不動産だと思いましたが、僕自身あまり押しの強いところは性格的に合わないんですね。それでいくつかの不動産会社の話を聞いたのですが、アドキャストはどの不動産会社よりも「お客様のために」というポリシーが色濃く、これなら自分に合いそうだと感じました。
ビジネスですから、当然売り上げ実績は必要ですが、アドキャストは数字よりもお客様のことを最優先に考える会社です。もうすぐ入社4年目を迎えますが、このときの決断に間違いはありませんでした。

入社後は先輩の指導のもと、アポ取りに注力。

入社後のメイン業務は電話とメールによるアポ取り。先輩とロールプレイングして切り返すセリフ、効果的なワードなどを指導していただきながら、電話していたと思います。
このアポ取りをやりつつ、入社半年後くらいから営業として活動。現地販売会で初の仲介契約を取り付けました。戸建ての契約をいただいたのですが、ご主人好みの和室をつくったり、料理好きの奥様のためにガスオーブンを設置するなど、ご希望に添える物件に仕上がり、大変気に入っていただけました。僕は同期のなかで契約獲得が遅かったので大変うれしかったです。この初契約以来、毎月のように契約を頂けるようになりました。
現在チーフコンサルタントですが、アポ取りは日常的に行い、後輩を指導しています。

お客様のことを思って実践するチームワーク。

アドキャストでは、お申し込みいただいてから契約までの間に物件調査を行います。たとえば、近隣にはどんな方が住んでいるのか、買い物の利便性はどうか、学校まではどんな道のりかなど、実際に現場へ行って調べます。また、役所や法務局へ行くことも。この調査およびお客様への報告書づくりは、スタッフで手分けをするのですが、ここで発揮されるのがチームワーク。誰が取ってきた契約でも、どんな内容でもみんなで協力しあいます。それは、お客様のためだからです。調査の結果、お客様にとってマイナスな点があるかもしれません。それもきちんと伝えます。それは、とにかく売れば終わりという考えではなく、つねにお客様の立場に立ち、良くない物件は買って欲しくありませんからね。
入社当初はこのやり方にとまどいましたが、いまは共感できますし、必要性を感じています。これからもお客様との信頼関係を大切に、より良いパートナーとしてお客様をサポートしていきたいと思います。