土地の権利について

ハウスメーカーからつなぎ融資を受けて、土地を購入しました。
土地の権利は誰のものになっているのでしょうか。

ハウスメーカーからの紹介で土地を購入しました。
その際、土地の購入資金が足りなかったため、
ハウスメーカーからつなぎ融資を受けました。
なので現在土地の権利は、
ハウスメーカーが担保として持っていると思います。

住宅ローンの実行で、ハウスメーカーに建物残金とつなぎ融資の金額を
支払った時点で、私に土地の権利の移設が行われるのでしょうか?
その場合は、土地の権利移設は誰が手続きをするのでしょうか?

それとも、今後の住宅ローンの抵当権設定で建物と土地は、
銀行の担保になるのでしょうか?

現在自分で建物の登記(表示・保存)を行おうとしているのですが、
上記の内容に関して注意することがあるでしょうか?

土地の登記簿、または土地購入時の売買契約書をご確認ください。
まずは、土地の登記簿、または土地購入時の売買契約書をご確認ください。

通常、つなぎ融資であっても所有権は購入者のままで、該当地に抵当権の設定
で済ませることが多いです。

そして建物決済時に、金融機関から建物残代金と合わせてつなぎ融資分を借受、
今設定されているつなぎ融資の抵当権を抹消します。そして、新たに融資を受
けた金融機関の抵当権を設定し担保となります。

また、建物の登記ですが、原則、当事者で登記をする事は可能ですが、金融機
関から融資を受ける場合、保存・設定登記は司法書士が手続きすることを条件
となることがほとんどなので、ご自身で手続きをするのは難しいと思われます
(金融機関によりますが)

ただ、表示登記は、金消契約までに完了していればいいので、こちらはご自身
で行うことは可能です。

不動産取引は、何分、不明瞭なことが多いので、ハウスメーカーの担当者にい
ろいろと相談されてみてください。
資料請求・お問合わせ
専門家に質問する