住宅ローンの申し込みを故意に否決させたら

住宅ローンの申し込みを故意に否決させたら

住宅ローンの申し込みを故意に否決させたら、ローン特約で契約は
白紙解除となりますか。


ローン特約を悪用した契約の解除リスクがあります

現在ローンの審査中や申込み前などの段階で、契約を壊す目的で申込みや
必要書類の提出を遅らせたりと、ローン特約を悪用した契約の解除は、
適用できないどころかペナルティまで課せられる可能性もあります。


ローン審査に通る為や、逆に契約壊しに審査で否決される為(今回のケース)など、
目的はどうあれウソの申告(勤務先、職種、勤続年数、年収、借入れや金融事故)で
ローン審査が通らなかった場合でも、解除できない場合もあるので、
「実は会社を辞めるつもりでいる」などの不安要素を金融機関に与えての
融資否決も含め、意図的に融資を否決させ契約解除をしようとすることは、
リスクがあることに注意して下さい。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する