ローン特約とは

ローン特約とは

前回頂きましたアドバイスの中で、ローン特約という言葉と、
ローン特約があれば、融資で否決されても違約金などの
ペナルティが発生しないとありました。


勉強不足ですみませんが、ローン特約について教えてください。


ローン特約について

不動産を現金で購入できるような方はほとんどいませんから、
大方はローンを利用しての購入になります。
しかし、どんな物件にでも融資希望額通りの担保価値を見てくれる
訳ではないので、希望の金額や金利などで融資承認がでないことも
当然あります。


その際、契約した買主に支払い義務だけ残ってしまうと支払いできず、
トラブルになりますから、契約書などには、融資申込金融機関、融資金額、
融資が承認されるまでの期間、融資が承認されなかった場合のことなどを
明記してあると思います。


つまり、何時までに条件通りの融資の承認が出なければ、契約は白紙解約として、
売主に払った手付金や仲介への報酬もなしに出来るというもので、これが
「ローン特約」と言われるものです。


「ローン特約」は不動産売買では常識的な条件として設定されていることが多いです。


当然、契約条件としての特約ですから、ローン特約で契約解除できる方から
違約金など徴収、または請求してはいけません。


販売業者の方は、単にローン特約に基づいて解約を進めている印象がございます。
契約書・重要事項説明書を再度確かめて頂き、「解約通知書」にはどんな特約や
契約条件に基づいて解除するとあるかも確認してみて下さい。


ローン特約に基づく解約であれば、口約束といったものではありませんので、
違約金などのペナルティは課せられません。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する