買取業者を選ぶには、何を基準に選べば良いか

買取業者を選ぶには、何を基準に選べば良いか

田舎の空き家を売却しようと考え、ネット出来る一括査定をしました。
査定額はバラバラですが、今回は買取ってくれる金額が明確な買取査定なので、
一番高い値段で買い取ってくれる業者を選ぶことが自然かと思いますが、
そのうえで買取業者を選ぶの際の注意はあるでしょうか。
何を基準に選べば良いのか詳しく教えてほしいです。


売却する際の契約条件が重要です。

不動産の売却では、幾らで売れるかだけでなく、
売却する際の契約条件が非常に重要となります。
瑕疵担保責任は、宅建業者は一定期間(引渡しから2年など)の間に、
問題が発覚すれば売主に補修義務が生じたり、契約が解除されること
もあります。


品確法などが施行されてからは、十中八九、建築時に地盤改良をするように
なりましたが、この金額が思ったより高いと瑕疵担保責任として数百万、
数千万の地盤改良費を瑕疵担保責任として売主負担となる判例もございます。


この瑕疵担保責任は売主が個人であれば免責する特約も有効となります。
※宅建業者は免責とする特約を付けても無効となります。


買取業者は、再販時にそのような瑕疵や費用負担を負わないよう、
契約に瑕疵担保責任を2~3ヶ月程度設定し、その期間内に地盤調査や
土壌調査、接道状況、地中埋設物などを調査を行うことが考えられます。
問題や撤去・解消しなければならないものが発見されれば、
瑕疵の責任(費用負担など)を請求してくるようになります。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する