中古住宅、契約後のキャンセル

中古住宅、契約後のキャンセル

中古住宅を購入しました。
手付金を支払い契約も済んでいます。
売主の許可をもらい住宅診断をしたところ、基礎に1点気になるところがありました。
きちんと補修をすれば住むには問題ないとのことです。


しかしやはり不安です。
補修をしたからといって本当に安全なのか(建築士は大丈夫と言っています)


この時点で解約を申し出た場合、手付金は返還してもらえますか?
(手付金を支払ったのは3ヶ月以上前、残金はまだ支払っていません)
また、住むことが出来ないなどの欠陥でない限り、このような理由でキャンセルした場合
違約金など支払わなければいけないのでしょうか。


あまりお金がかかるようであればこのまま進めますが、そうでなければ
キャンセルをしたいと思っています。


中古住宅の解約について

居住目的で購入し、建築士が居住に問題ないと判定している以上は、
契約不適合(以前の瑕疵担保責任)による契約解除などはできないと
思われます。


その状況をふまえて、契約後に買主または売主の都合で解約する場合、
まず考えられるのは、買主が支払った手付金を放棄することで出来る
契約解除です。
これについては売主側にも同様の権利があり、受領している手付金の返還と、
その手付金と同額を支払うこと(手付け倍返し)で解除が可能です。


但し、この「手付金放棄」「手付け倍返し」での解約ができる期間には限りがあります。
契約日から1ヶ月程度という設定が、よく目にする一般的な期限ではないかと思います。
契約が3ヶ月以上前とのことなので、この期限を経過している可能性がございます。
その場合は違約金が発生する可能性が高いので、その金額等を確認し上での判断が
必要です。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する