手付金の放棄で契約解除できるか知りたい

手付金の放棄で契約解除できるか知りたい

住宅診断で気になるところがあったため、契約した中古戸建てを
キャンセルしたいと思っています。
気になるところと言っても、建築士は大丈夫と言っているので、
これを理由に白紙解約はできなさそうです。


ただ、手付金を放棄することで解約できる手付解除にも、
期限があると聞きました。
一般的に契約日から1ヶ月程度という設定が多いとのことですが、
私の契約もそうなのでしょうか。
その期限を超えているとお金を支払っても解約できないという
ことでしょか。
その場はこの戸建てを絶対に購入するということでしょうか。


手付解除期日はいつまでかの確認が必要

売買契約書や重要事項説明書に記載された、手付解除期日の確認が必要です。
この手付け解除期日を過ぎてしまいますと、手付金は放棄すると言っても
契約は解除できませんし、逆に売主が手付けを倍返しすると言っても契約解除は
できません。


しかし、その期限を超えているからといって、絶対に購入しなければいけない
ということではなく、手付解約ができなくなり違約という扱いになります。


買主には売買代金の支払いという義務があり、売主には物件の引渡しをする義務が
あります。
売買代金の支払いをしない場合、その責任を果たさない債務不履行となりますので、
相手方に賠償請求される立場になります。
この損害賠償請求にはどれだけ損害があったのか、その計算の裏付けを立証したり、
相手に納得させるなどの手間もありかなり面倒な作業です。
そのことから、多くの不動産売買では契約時に、請求できる損害賠償額を予め決めて
おくことが殆どです。
これは契約上では、違約金と言われているものです。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する