売買契約が解除されても、仲介手数料が請求されるますか

売買契約が解除されても、仲介手数料が請求されるますか

本来、手付解除期日を超えているので違約になるのですが、
無理のない金額で合意解約に応じてもらえないか、売主と
話し合ってみるつもりでいます。


しかし、仮に売買契約が解除できたとしても、仲介している
不動産業者には手数料を支払わないといけないかもしれない
とのこと。


不動産売買自体が解約になっているのに、仲介手数料の
支払い義務はあるものなのでしょうか。


 


解除するにしても多額のお金がかかり、購入を進めたとしても、
住宅診断で自分が気になるところがある以上、建築士が大きな
問題ではなないといっても毎日がストレスになると思います。
他に金銭面での出費やストレスの軽減になる方法はないでしょうか。


売買の契約解除ができても、仲介手数料の支払い義務は別になります。

契約解除に関しては、手付解除・違約解除・合意解除の、どの解約状況でも、
それが相手都合の解約でも自分都合の解約でも、仲介手数料については
発生している可能性が高いです。


購入を不動産業者に仲介してもらっている場合、媒介契約を結んで契約業務を
進めてきたはずです。
仲介手数料の支払い義務がいつ生じるかを、その媒介契約で取り決めています。
この仲介手数料は、物件探しや購入契約までの色々なことに対する報酬で、
通常は、売買契約が締結されたときに支払い義務が生じるとされているのが
一般的です。
既に売買の契約は締結されている段階なので、仲介手数料を支払う義務を
負っている可能性が高いですし、支払い済みの場合、売買契約が解除となっても
仲介手数料は戻ってこない可能性が高いということです。


なお、中古住宅につては、建ってからの時間が新築より経過しているからこそ、
出るべき欠点はすでに表面化していることが見込まれます。
これはチェック時のメリットです。
今回は建物診断の結果で、居住に問題ないという判定がされた戸建てとなって
おります。
自身が住まない場合でも、建物診断で大きな問題はない建物という
触れ込みはプラスであると思います。


契約解除以外にも、転売した際の相場・売却可能額を考え、違約金や
仲介手数料などより少ない損失であれば転売という選択もあります。


(エリアや相場状況によっては売却益が出る場合もありますが、
売却が困難ですと更に損失が大きくなる可能性も有)

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する