売主の住み替えにおける停止条件について

売主の住み替えにおける停止条件について

購入を検討しているマンション売主が住み替える家を探しいます。
売主の住み替え先購入をするためのローンが通らなかったときは、
このマンションの売買は白紙となる停止条件も付きます。


購入先のローン審査が不承認となった場合に限ると明記しますが、
他に、売主が引渡しをゴネたりしないよう、どういった内容を
契約条件として明記しておけば良いでしょうか。


売主の買い替えにおける停止条件について

売主の買い替え停止条件の場合、売主が購入する物件の特定、
申し込みする借入れ金額や金融機関の特定、いつまでにといった
期限の明記などもあるとなお良いかと思います。


また、せっかくの契約がなくなってしまうことは残念な気もしますので、
契約を成就させたいという意向でしたら、何時までに通らなかった場合、
売主買主双方協議の上、一定期間を限度に再度融資を申し込む為に
引渡日を延期できる旨の内容も付け加えても良いかもしれません。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する