手付金放棄での解約ができる期間の経過後は、契約解除はできませんか

手付金放棄での解約ができる期間の経過後は、契約解除はできませんか

現在、手付金を放棄しても締結済みの不動産売買契約を解約したいと思っています。
ところが、売主は履行の着手後だから手付放棄はできないの一点張りです。


この状況ですと、契約は解除できないのでしょうか。


債務不履行となり違約金が発生する可能性が高いです

手付解除期日を過ぎてしまったり、契約の履行の着手後ですと、
手付金放棄での契約解除はできなくなり、売買代金の支払いという
義務が残ります。
売買代金の支払いをしない場合、その責任を果たさない債務不履行
となりますので、相手方に賠償請求される立場になります。
この損害賠償請求にはどれだけ損害があったのか、その計算の裏付けを
立証したり、相手に納得させるなどの手間もありかなり面倒な作業です。
そのことから、多くの不動産売買では契約時に、請求できる損害賠償額を
予め決めておくことが殆どです。


これは契約上では、違約金と言われているものです。


違約金の設定により、請求する側は、実際の損害額を立証する負担が軽減されます。
通常は売価の10%~20%が多く、例えば売買価格4千万円の物件であれば、
400万円や800万円といった金額になりますから、多くは手付金よりも大きな
金額となります。
金額を決める取決めなので、違約金を超える損害が発生した時でも、違約金を超える
金額については請求することができませんし、また、損害が違約金より少ないときでも、
違約金の減額を求めることはできないことが一般的です。
こちらについても、契約書や重要事項説明書に、パーセンテージ表記などで
説明があると思いますので、確認してみて下さい。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する