購入申込後のキャンセルは、売主へ謝罪に行くことが常識なのでしょうか

購入申込後のキャンセルは、売主へ謝罪に行くことが常識なのでしょうか

不動産購入申込書を提出していましたが、ローンの返済の見通しが
立たなくなってしまい、事情をLINEと電話で説明しキャンセルしました。
当然、契約締結前です。


しかし、仲介の会社から売主への謝罪に同行するよう要求されています。
日付を指定され時間を調整するということでいったん話を終えたのですが、
どうしても納得がいかず都道府県の相談窓口へ相談したところ、
売主に対しての直接謝罪に行く事は役割が違うので必要ないと言われ、
その旨も改めて伝えてました。


それでも納得していただけず、それが道義なのかと詰め寄られています。
不動産業界の慣習は良くわからないのですが、契約していないものでも、
購入申込をした後のキャンセルは、売主へ謝罪へ行くことが普通ですか?


今後、他の会社から購入しようと考えたとき、ブラックリストのような
ものにのって、どこからも相手にしてもらえないとか、仲介を断られる
といったことはあるのでしょうか。


購入申込後のキャンセルについて

不動産売買に関して買主の代金支払いや、売主の引渡しになどに法的拘束力を
もたせる為に行うのが「売買契約」ですから、それを予約・予定するだけの
申込みは、売主買主双方に拘束やペナルティを生じさせる段階ではありません。


契約後であれば、その契約を買主都合で解約する場合は、手付金を放棄したり、
タイミング(履行の着手)によっては違約金・損害賠償金(通常は売価の10%~20%)
などが設定されていて支払い義務が生じますが、それらはあくまで契約後の話です。


購入申込後にキャンセルしたからといって、リストのようなものにのるとか、
どの不動産業者からも相手にしてもらえないとうことはありません。
その業者の系列であったりすれば分かりませんが、悪質な印象でしかない
業者ですので、今後は関わらないことに越したことはないと思います。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する