土地購入後のトラブルについて

土地購入後のトラブルについて

15年前、不動産会社を介さずに知人から土地(約65坪)を購入しました。
ブロック塀がありましたが、現在売主(知人)が居住中の土地の一角を購入した為、
ブロック塀はそのままでの売買となりました。


この時は、後ほど撤去してもらえるものと思っていました。


売買契約書には特にブロック塀に関する記載はありません。
「この契約地域内の樹木、庭石その他はそのまま保存し所有権移転登記完了と
同時に乙(私)の所有となる」と記載はありますが、ブロック塀とは書いて
ありません。


この度、土地を売ろうとしたところ、ブロック塀を撤去しないと購入した
土地へ入れないと判明。
しかし、撤去費用は100万円程かかります。


「売主は基本、更地にして引き渡すのが原則である」と聞きましたが、
発生費用を売主に請求することは可能でしょうか?


土地の問題点について

質問内容から細部の状況を把握しづらいこともあり、
不動産業者は仲介すら一切関与していない個人間の売買で、
しかも居住用の建物建築を目的に購入した土地ではないと
仮定し回答致します。


「売主は基本、更地にして引き渡すのが原則」というも、
地域の慣習としての見解であると思われますし、残置物を
現況のまま引渡しという土地取引も当然にあります。
都内の個人間売買では、現況有姿での引渡しが一般的な印象です。


そういった残置物や工作物の撤去をどうするかは契約条件次第となり、
定めがなければ、その他の契約内容から解釈されると思います。
特に今回の契約内容は定めがないとのことなので、撤去など行わず
現況有姿ので引渡しと解釈されるかもしれません。
費用を売主に請求することは可能と言いますか自由なのですが、
売主に負担する義務があるかどうかは別の話しになり、難しい可能性が
高い印象です。


また、塀は所有者や設置位置(越境を含む)によっては撤去を要求できる
立場にあるかもしれませんが、状況によっては撤去すら出来ない、
させてもらえない立場である可能性も十分あります。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する